気になる首のしわを目立たなくさせる4つの改善ポイント

気になる首のしわを目立たなくさせる4つの改善ポイント

顔をどんなにスキンケアしていても年齢を隠していない首にしわがあると、それだけで一気に老けた印象になってしまいます。
どんなにおしゃれをしていても細かい部分のケアまでしないと、本当の意味でのアンチエイジングには到達できないかもしれません。

 

それでは年齢によって気になる首のしわを改善するためにできることは一体どんなことでしょう。
まず毎日の習慣として首にしわができてしまうのは、枕があっていないことも原因です。
どんな枕がしわが出やすいかというと、その人の適切な高さに合っていないものです。

 

 

いくら枕としての性能がよくても高さがあっていないことで、首のしわを引き起こしやすいのです。
また肩こりなどの原因にもなり首の年齢肌の悪化にもつながってしまいます。

 

 

ではいい枕はどんなものかというと、まず横から見たときに頭の位置が首や体の位置と平行になっていることが望ましいです。
頭だけ高すぎたり低すぎたりすることで、首の皮膚にしわが刻まれてしまいます。

 

人生の三分の一は睡眠だといわれているからこそ、首のしわをつくりたくないならまず枕を見直してみましょう。
そして次に首のしわを改善する方法には、首にあたる紫外線量を減らすということです。

 

紫外線はシミだけでなくしわの原因にもなるので、紫外線を防ぐことが大事になってきます。
特に首は顔と違ってUVケアを怠る人も多い部分です。

 

ベランダや庭などに出るときもUVケアとして日焼け止めや日焼け止めのスプレーを欠かさないようにしましょう。
またそれが面倒くさいのであればUVカット率が高い効果があるストールなどを使って、カバーするのが適切です。

 

また首にしわができやすい人の特徴として首が長め、あるいは高身長であるということもよく知られているところです。
首を上下に動かしたりすることが多いとそれだけしわの素になります。

 

身体的パーツなので後から直すことはできませんが、無理な首の姿勢をとらないように注意を心がけましょう。
スマホなどで下方向ばかり見ていることも首のしわ注意報です。

 

そして4つ目は、首のしわをつくらないために首回りの筋肉を鍛えることです。

 

筋を伸ばしたりすることで筋細胞が生まれ変わりやすくなり、はりや弾力を維持するのに不可欠です。
首のしわは日常の改善ポイントでケアできるのです。