毎日のスキンケアにビタミンCを取り入れる、それが一番大切

毎日のスキンケアにビタミンCを取り入れる、それが一番大切

ビタミンC(アスコルビン酸)は、柑橘類やイチゴ、菜の花などに多く含まれている成分です。ビタミンCは私たちの体内では作られない成分であり、日々摂取しなければいけません。体内のあらゆるところで必要とされる成分であるため、食事やサプリメントでビタミンCを摂取するだけでは、皮膚にまで十分な量のビタミンCが届けることができません。肌には直接、塗ることによってビタミンCを届けることが大切なのです。

 

ただ塗るだけでは届かない!?ビタミンCを肌に届けるには

 

肌に塗ればよい、と先ほど書きましたが、ただ肌にそのままビタミンCを塗るだけでは角質層のバリアを突破することができず、皮膚に浸透することはありません。しかも酸化しやすいためそのままでは化粧品に配合することはできません。そこで開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は、肌につけることにより酵素反応でビタミンCへと変化します。

 

ビタミンC誘導体あれこれ

 

ビタミンC誘導体とひとくちに言っても、いくつか種類があります。水溶性のもの、油溶性のもの、そしてさらに水溶性と油溶性両方の性質をもつものが存在します。一番おすすめのビタミンC誘導体は、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)です。その理由は浸透率の高さにあります。次におすすめなのが、リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMgです。浸透率が高いほど効果を実感しやすくなるのです。

 

ビタミンCは毛穴にいい!?ビタミンCの美肌効果

 

ビタミンCには肌をふっくらさせる効果があります。その上肌を押し上げる効果も。だから毛穴に効く!と言われているんですね。とはいえ、開いてしまった毛穴がすぐに元に戻るわけではありません。つまり即効性は期待できないのです。毎日のスキンケアにビタミンCを取り入れる、それが一番大切なんです。ちなみにビタミンCは日光で変化しやすい成分であるため「夜のスキンケア(洗顔直後)」に取り入れるのが一番おすすめです。